脂肪吸引TOP | 肥満とは何か? | 部分やせは難しい? | 脂肪吸引とは何か | 脂肪吸引のメリット・デメリット | 当サイトについて |

メソセラピーとは

スポンサードリンク


メソセラピーとは


切らない脂肪吸引として今注目されているのが、メソセラピー(脂肪溶解注射)です。

これは、注射を打って皮下脂肪を減らす方法のことで、脂肪吸引手術と比べ、手術を必要としない手軽さから、人気があります。

数週間ごとに、通常3回ほど行います。効果を出すために、エンダモロジーや他の施術を組み合わせて行うこともあります。

メソセラピーをする箇所

メソセラピーは「部分やせ」に効果があります。

メソセラピーをして効果的な場所は脂肪吸引と同じく皮下脂肪がある箇所です。

太ももやふくらはぎ、お尻などの下半身、お腹、二の腕などです。


メソセラピーは短時間、複数回通う必要がある

メソセラピーは一度行って終わりではなく、3回〜5回ほど通って効果が出るというのが一般的です。

一度の治療は短時間で終わり(10分程度)で、体への負担も少ないでしょう。

ただ、脂肪吸引よりは負担は少なく、短時間とはいっても、術後にはすこし腫れや痛み、人によっては内出血が出る場合もあります。

そのあたりのことは予め確認しておきましょう。

ただ、欧米ではランチタイムに脂肪溶解注射を打ちにいく人もいるというように、脂肪吸引より手軽なことは確かです。


スポンサードリンク


メソセラピーに向いているのは部分痩せしたい人

メソセラピーに向いている人は、二の腕だけ痩せたいなど、部分痩せしたい人です。
また脂肪吸引までは抵抗があるけど、部分痩せしたいという人にも向いています。


数回の施術で部分痩せに効果あり

メソセラピーは、脂肪吸引のように一度で効果が出るものではありません。
3回から5回ほど施術を受けて、効果が出てきます。